包括的なパッチ管理

単一の簡単に使用できるソリューションで、データセンタやワークステーション、仮想環境にパッチを適用し、OS或いはサードパーティのソフトウェアのアップデートを実行できます。 全体において、エージェントまたはエージェントレス技術を利用して仮想マシンのパッチを含めたパッチの評価と配布を行います。

お客様の声

Shavlikで簡単にスキャンでき、適用したパッチや適用しなかったパッチ、及びそれぞれが重要かどうかの情報がスキャンすることによって提供されます。

Randy Bowman
Network Analyst II, Presbyterian Church USA

詳しくはこちら

OS及び数百のサードパーティ・アプリケーションをサポート

アップル (iTunes, QuickTime)、オラクル (Java)、Mozilla (Firefox)、Google (Chrome)、などのベンダーからの脆弱性アプリケーションにパッチを適用できます。(サポートするアプリケーションのリスト)

オンプレミスとオンプレミスデバイスへのパッチ適用

データセンターにおいてエージェントレスのパッチ適用により、物理と仮想マシンの安全を実現します。 エージェントを通して、利用可能かどうかに関係せずにエンドユーザーのマシンを管理することができます。 またクラウド化が可能なエージェントにより、ネットワークに接続していないマシンや頻繁にネットワークから切断するラップトップの管理が可能です。

パッチ展開プロセスの自動化

シーを定義することで、Shavlik Protectは自動的に漏れたパッチを更新することができ、それによってマシン管理にかかる時間と負荷を削減することができます。

パッチの作成及び既存ソフトウェア・アップデートのカスタマイズ

お客様のネットワークにあるすべてのWindowsアプリケーションにパッチを適用します。 Shavlik Protectのカスタムパッチ機能を通して、その適用範囲はさらにリリースしたパッチや、カスタム製品、自社製アプリケーションに拡張することができます。

リブート制御

Shavlik Protectを使用して、システムが特定の時間で再起動できるように、管理者は細かいリブート指示を出すことができます。 パッチダウンロード、インストール、及びリブートはそれぞれ分けてスケジューリング可能です。 エンドユーザーはいくつかのオプションを利用でき、それによってリブートを遅延できます。また、リブートを必要とするパッチが正確に完了できるため、リブートを強制的に行うことが可能です。

 

数分以内でProtectCloudサービスを通してお客様のProtectコンソールを登録し、お客様のネットワーク外にあるエージェントに到達することができます。 これによって、オフィス外にいるラップトップユーザーも完全にカバーできます。

 

Shavlik Protectはリアルタイムでアップデートの実行状況をモニタリングします。 リターンコードの付いた失敗や、完了するのにリブートを必要とするパッチのフィードバックといったマシン上のパッチ実行ステータスを参照できます。

Copyright © 2016 Shavlik. All rights reserved.