サードパーティー・アプリケーションのパッチ適用により、リスク削減を実現

データセキュリティの損害情報がほぼ毎日のようにヘッドラインに掲載され、リスクを削減するためのソリューションをご提供します。SCCM(Microsoft System Center Configuration Manager )に統合されたサードパーティー・アプリケーションのパッチ管理機能により、脆弱性とリスクを削減し、次のセキュリティ被害のニュースのヘッドラインにならないよう支援します。

お客様の声

報告された脆弱性の86%がサードパーティー・アプリケーションで発見されました。

National Vulnerability Database

アプリケーションパッチ適用のギャップを埋める

OS以外のアプリケーションによる脆弱性が増えつつある中、非Microsoft製品の重要なセキュリティアップデートをインストールするソリューションが必要です。 Shavlik Patchでは、SCCMにサードパーティー・アプリケーションのパッチ適用機能を追加することにより、リスク削減を実現します。

サードパーティー・ソフトウェアカタログ

Shavlik Patchは、Adobe (Acrobat)、Apple (iTunes、QuickTime)、Oracle (Java)、Mozilla (Firefox)、Google (Chrome)など、多く利用されており、且つ脆弱性が潜在しているアプリケーションをサポートします。 通常、Javaのような更新が難しいアプリケーションの場合でも、SCCM内で容易に更新できます。Shavlik Patchカタログに掲載している最新のサポートソフトウェアのタイトルをご確認ください。

アプリケーションのアップデートをコントロール

エンドユーザーに依存して個別アプリケーションにパッチを適用するのではなく、Shavlik PatchはSCCMを通して、アプリケーションのパッチをすべてのワークステーションへ一括展開することができます。

信頼できるパッチ適用

当社は、当初よりWindows OSのパッチ管理に注力しつつ、現在はWindowsのシステムへのパッチ配布のエキスパートへと成長してきました。我々のパッチエンジニアたちが数えないほど多くの時間を投入し、すべてのパッチが適正に配布されるかテストした後に、お客様へご提供しています。 当社の長年にわたり蓄積されてきた正確かつタイムリーにパッチを配布する知見を活かして、お客様の安全な環境の構築実現を支援します。

お客様の声

我々は比較的低コストでサードパーティー・アプリケーションを既存のSCCMインフラ環境に統合できました。

Anthony Digregorio
ピッツバーグ大学

詳しくはこちら

Shavlikパッチにより、SCCMコンソールを通して、サードパーティー製品のアップデート情報の管理を実現します。左記の通り、サードパーティー・アップデートのShavlikカタログが表示されます。 このテーブルからユーザーがアップデート情報を選択して配布することができます。

Copyright © 2016 Shavlik. All rights reserved.