SCCMにソフトウェアライセンス管理と資産管理を追加

Microsoft System Center Configuration Manager (SCCM)はシステム管理に広く利用されているプラットフォームですが、IT資産管理機能はコアコンピテンスではありません。Shavlik Management Intelligence for Microsoft System Centerによって、お客様の利用中のSCCM環境を、完全な資産ライフサイクルシステムへと転換することができます。効率的なIT資産管理戦略によって、必要のないハードウェアとソフトウェアの購入を避けることができ、質の高い購買の意思決定を行うことができます。効率的なIT資産管理戦略によって、必要のないハードウェアとソフトウェアの購入を避けることができ、質の高い購買の意思決定を行うことができます。また既に存在しない設備のメンテナンスとリースの支払を即座に停止することができます。

Shavlik Management Intelligenceとは?

SCCMを完全なソフトウェアライセンス資産管理として、或いはライセンス資産管理ソリューションとしてご利用頂けます。 Shavlik Management Intelligenceは、SCCMのインベントリ情報から収集されたデータや、ソフトウェアベンダ・リセラーから提供されたソフトウェア資産とソフトウェアライセンスに関する可視化されたデータを利用して、御社の貴重な資産を追跡することができます。最新のソフトウェアライセンスデータを常に把握しておくことで、コストを節約でき、または監査にいつでも備えることができます。

Shavlik Management Intelligenceデータシートをダウンロード

Shavlik Management Intelligenceの特徴と機能

ライセンスの購買記録を実際のソフトウェアとマッチングして、保有中のライセンスを確認します。

SCCMからソフトウェア資産に関するデータを取得でき、その傾向とライセンス契約に基づいて購買の意思決定を下すことが可能です。

ソフトウェアコンプライアンス監査へ準備不足なまま対応することはありません。すべての購買情報を把握して、すべてのライセンスを追跡することで、ライセンスの過剰購入を避けます。

ベンダとリセラーは、お客様のすべての購買情報を保有しています。 スプレッドシートでライセンス情報を保存する必要がなく、それらのデータを利用することができます。

使用可能なライセンスとそのライセンスの使用ユーザーを常に把握し、実際のソフトウェアインストール状況と比較することで、ベンダの決定とライセンス使用の最適化を図って資金を節約することができます。

ソフトウェアに限らず、コンピューターハードウェア、プリンタ、デバイスなど、ハードウェア資産の管理も可能です。

IT資産最適化への三つのステップ-その1

Management Intelligence for Microsoft® System CenterはSCCMの情報を利用した非常に効率的なIT資産の最適化ソリューションであり、堅牢でかつ信頼性の高いデータをいつでも使えるように備えます。このテクノロジーによって、お客様はすべての資産を追跡、制御して、監査のリスクを減らすことができます。

IT資産最適化ソリューションを資産ライフサイクルの三つのステージに適用

Management Intelligence for Microsoft® System Centerでは、すべての資産を追跡、制御して、監査のリスクを減らすことができます。このソリューションはITとビジネス管理者に明確かつタイムリーな情報を提供することで、お客様の意思決定をより的確、より迅速に行えるよう支援します。

Copyright © 2016 Shavlik. All rights reserved.